心纏い » Blog Archive » 三本柱に心と書いて
8月 18th, 2017ブログkuru 0 Comments

「志」という漢字になります。

 

チームの副代表兼道具班長をしてます、しょーぐんです。

前回ブログに登場したのがいつだったか忘れましたが、今回は「まつりばやし」に登場する道具について、書かせて頂きたいと思います。

冒頭に書いた「志」ですが、この文字が今年の鳴子にデザインされています。 今年の作品「まつりばやし」を作り上げるにあたって、どのような鳴子にしたいかを班員で最初に考えました。 心纏いの鳴子は、柄の部分に紐を巻き、滑り止めかつデザイン性を持たせたものになっており、その作業は班の中で代々受け継がれてきたものです。

そのような拘りの強さや、愛着の持てるものでありたい、そういった願いや、昨年の9月で代表が交代し、3代目代表がチームの新しい柱となった変化の年、それらを踏まえて、このデザインが出来上がりました。

鳴子以外にも、「まつりばやし」を表現するものとして、ご存知の方も多いと思いますが、今年もでかちょーが登場します。

さらに、漢は腰に名古屋扇子を、女の子は竹笛を挿して、祭り感、粋な漢、美しい女性、を演出しています。

加えてどまつり当日は、まだ披露していない道具も登場しますので、乞うご期待! 今年の心纏いの演舞を通して、 あ、なんか言い表せれないけどお祭りしてる 心が揺さぶられる なんかアツくなる そういったものを届けられたらと思います。

メンバー一同、両手に志を持ち、「まつりばやし」を踊らせて頂きます。

どまつり当日もよろしくお願いします。

Share on Facebook

コメント