心纏い » Blog Archive » 今までの心に残った演舞
1月 30th, 2018ブログmikapy 0 Comments

心纏いのティコです!
わたしは大学四年生で、今年の四月から社会人になります!早いです!笑

わたしは大学一年生から、心纏いで踊っています!
大学生活の四年間心纏いで過ごしてきましたが、その中で心の中に残る演舞について書きたいと思います(^O^)

心の中に残る演舞といっても本当に沢山あって絞るのは難しかったですが…
その中で二演舞挙げたいと思います!

一つめは、
2016年度チーム演舞曲の「威風堂々」を安濃津よさこい祭りで踊った最後の一演舞です。

緊張感もありながら、ライトに照らされるステージをみてそこで演舞を出来ることへの高揚感を今でも覚えています。
この大きな舞台で、メンバーみんなで踊ってることを感じながら心から楽しむことができました。
演舞は一瞬のことのようでしたが、それくらい演舞でお祭りをすることが出来たのかなと思いました。

心纏いは、演舞で「お祭りをする」ことをずっと大切にしてきています。この演舞はお祭りができた!と言える演舞だったと思うので挙げさせて頂きました。

そして、心の中に残る演舞といえば、2017年度のチーム演舞「まつりばやし」を初披露した、中川金魚まつりの演舞です。

今までとはガラリと雰囲気を変えた今年の初披露は、これまでに感じたことないほどの思いと緊張がありました。

これからの心纏い、その一歩目ということでの大きなプレッシャーや、たくさんの人に知ってもらえるわくわく感もあったこの演舞は忘れられません。

緊張感をもち、みてもらえる喜びを感じながら、そして、これからもっと色んな人に新しい心纏いを知ってほしいという特別な思いを持って演舞をしたことを覚えています。

今につながる大切な演舞だったと思います。

この演舞から今まで、沢山「まつりばやし」を踊っていますが、どんどん進化していっていると思います。

これからの「まつりばやし」も、楽しみにしてくださいね!

今は浜松がんこ祭に向けて、限定できてくれているブラザーさん達と、心纏いメンバーみんなで練習しています!
みなさんの心に残る演舞ができるよう、精進します!是非見に来てください^ ^

これからも応援よろしくおねがいします。

Share on Facebook

コメント